キャ三 湖 伝 説  〜恋路篇 −エピローグ−ション


男鹿の島のすぐそばに大きな湖が出来て、

一体どれほどの時間が流れたのでしょうか

八郎太郎は、仙北の田沢湖に辰子という

大層美しい女龍が住んでいるという噂を耳にしました。

ぜひとも我が妻にと願う八郎太郎は、旅人に姿を変え田沢湖へと急ぎました


ところが


八郎太郎は、他にも辰子を妻にと乞う者がいると知り驚いたのでございます

申すまでもなく、それは十和田湖の南祖坊でした

八郎太郎と南祖坊は、再び大湯の小折戸(こおりど)で相ま見えたのでございます

 前回とは違い、この度の闘いは八郎太郎の勝利となりました

南祖坊は十和田湖へと去り、二度と田沢湖へ現れることはなかったのでございます

 

八郎太郎はそれから毎年冬になると田沢湖を訪れ、春まで辰子と暮らしました

田沢湖まで、八郎太郎は旅人に姿を変えて行ったそうでございます

そしてその途中泊まった旅の宿が彼方此方の町にあったということででございます。

八郎太郎は寝る前には必ず


「私の寝姿を決して見てはくださいますな」 


と宿の者にお願いしていたそうですが、

それは龍の姿に戻って眠っていたからだということです

そして誘惑に勝てずその寝姿を垣間見てしまうと、

その家は没落の一途をたどったということでございます
 
 

いつの時代も好奇心が強いのは女ということでしょうか、

八郎太郎の寝姿を覗いたのはいつも女であったということでございます

もっとも八郎太郎自身も大変な美男子であったということです

 

田沢湖のほとり、潟尻(かたじり)という集落では、

毎年11月の9日は八郎太郎が辰子のもとへやってくる日だということで、

湖岸に建つ明神堂に皆が集まり一晩中

飲めや歌えの大騒ぎをして祝ったということでございます

 

八郎太郎が津波をおこした時、離れ離れになってしまった老夫婦は、

今はそれぞれの場所で神社に祀られております

妻は潟の西北芦崎の姥御前神社、夫は南東三倉鼻の翁御前神社でございます


一番鶏が鳴いた頃に悲劇がおこったせいでしょうか、

それぞれの土地ではつい最近まで鶏が忌み嫌われていたそうでございます

蛇足ながら申し添えますと、姥御前神社のあります芦崎は

「八竜町」というところでございます
 
 

八郎太郎と辰子が暮らしている冬の田沢湖は、決して氷が張ることがございません

絶世の美女が住まう湖に相応しく、いつも澄み切った青い水をたたえてります

その透明度は、摩周湖につぐほどの美しさでございます

 

八郎潟が干拓された今、

八郎太郎と辰子は田沢湖で幸福に暮らしているということです

そしてふたりの仲睦まじさの証しでございましょうか

田沢湖は年々、その深さを増しているということでございます




 〜 The End 〜

  






inserted by FC2 system